PMP・PMBOOK

【PMBOOK】プロジェクトコストマネジメントとは?目的と概要を解説する。

今回は、プロジェクトコストマネジメントの目的と概要をご説明します。この知識エリアでは、プロジェクトの三大ベースラインである「コストべーライン」を定義し、監視コントロールします。この記事でプロジェクトコストマネジメントの外観を掴んで頂けると嬉しいです。

プロジェクトコストマネジメントの目的とは?

プロジェクトコストマネジメントの主な目的は以下の通りです。

目的

プロジェクトを承認済みの予算内で完了するための、計画、見積もり、資金調達、財政確保、マネジメント、および監視とコントロールをする。

要するにプロジェクトが予算内で完了するように見積もって、お金集めて、管理しようです。

コストは、スコープとスケジュールと同じくらいプロジェクトでは重要です。組織やプロジェクトもない「袖は振れないないの」で、袖をなくさいようにマネジメントする必要があります。

スポンサーリンク

プロジェクトコストマネジメントの作業の作業

具体的にどのようなプロセスで「プロジェクトコストマネジメント」を行うのかみて行きましょう。

コストマネジメント計画計画プロセス群
コストの見積もり計画プロセス群
予算の設定計画プロセス群
コストコントロール監視・コントロールプロセス群

「プロジェクトコストマネジメント」は、プロセスが少ないです。しかも割合タイトルでやる作業がわかりやすいです。PMP試験的には嬉しいです。

コストマネジメント計画

コストマネジメント計画は、プロジェクトマネジメント計画書の別紙である「コストマネジメント計画書」作るためのプロセスです。

「コストマネジメント計画書」では、コストの測定単位(人日、キロ、リットルや通貨単位)や精密差やコントロールの閾値を定義します。

他の計画書と同じくどのくらい細かく見積もって、どこまでの誤差を許容するのか決めます。

コストの見積もり

これもわかりやすいです。必要なコスト金額を見積もります。

インプットとして認識しておく必要があるのが、「プロジェクト文書」の一部のプロジェクトスケジュールです。プロジェクトスケジュールには、必要な期間や必要な資源量が記載されています。これをインプットに見積もります。

言い換えると、コストの見積もりは、「プロジェクトスケジュールマネジメントのスケジュールの作成」プロセスの後続のプロセスです。

スコープが決まり、スケジュールが決まり、じゃあそれらを前提にコストを見積もろうという順番です。

PMP試験的な意味では、見積もり方法が複数あるので必ず押さえるようにしましょう。

予算の設定

予算の設定は、「コストベースライン」を確定させるものです。このプロセスが終わると、「スコープ」「スケジュール」「コスト」の3つのベースラインが揃います。

最終的な予算の設置絵であるため、財務管理などがありますが、一番重要なのは、コストのバッファの考え方です。

「既知の未知」(想定されるリスク)に備えるためにコンティンジェンシー予備費用を算出し、コストベースラインに含めます。コンティンジェンシー予備費用はベースライン内の予算のためプロジェクトマネジャーの裁量で決済できる費用です。

「既知の未知」を超える想定されない事態もあります。これに備える予算として「マネジメント予備」があります。これはコストベースライン外側のコストです。そのため、このマネジメント予備を使う際は、統合変更管理プロセスでコストベースラインの変更手続きをとる必要があります。なお、マネジメント予備もプロジェクト予算の一部ではあります。

ポイント

コストベースライン=コンティンジェンシー予備+コスト見積もり結果

プロジェクト予算=コストベースライン+マネジメント予備

コストのコントール

コストのコントールは、他のコントールプロセスと同じで実績との乖離を分析し、乖離している場合は、統合変更管理プロセスに変更提案します。

PMP試験的には、アーンドバリュー分析を必ず押さえましょう。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

marusuke1216

30代のシステムエンジニア。 インフラ関連の案件中に従事している。 資格は、ネットワークスペシャリスト、PMO等を保有。

-PMP・PMBOOK

Copyright© SEのアソビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.