PMP・PMBOOK

【PMP】PMPに4ヶ月で合格した勉強方法と参考書

  こんにちは。2019年9月にPMP試験合格しました。PMP試験は、試験範囲がとても広く、かつ深いのが特徴です。私は、 約4ヶ月 の勉強でなんとか合格できました。

 せっかくなのでどんな勉強をしたのがご紹介したいと思います。これからPMP受験しようと思う方のお役に少しでも立てればうれしいです。


この記事でわかること

  • PMP試験の合格に向けた勉強方法/勉強時間
  • PMP試験の合格のためのおすすめ参考書


1.PMP勉強の手順

私がした勉強は、「暗記」と「練習問題の繰り返し」です。特に「練習問題の繰り返し」に重点をおきました。


PMP試験では、PMとしてどう振舞うべきかを問われることが多いです。そのため、PMBOOKの暗記だけでは不十分です。暗記というよりPMBOKの考え方の理解を求められると考えてください。


学習の流れ

私がした勉強手順は以下です。結果的には、①と②は逆の方が良かったと感じてます。eラーニングでPMBOKの概要を聞いてからのほうがPMBOOKを理解しやすいためです。(PMBOKは文章が個性的だから初見殺しになっています。)


PMP勉強のワークフロー

練習問題の解き方

練習問題は参考書付属のもの約200問にeラーニング付属のもの約600問題を5回くらいときました。実試験をイメージして200問中160問が正解できるまで繰り返しました。

 暗記だけならPMBOOKを何度も読むことが一番なのでしょうが、考え方を理解するとなるとPMBOOKの通読だけでは不十分だと感じました。そのため、練習問題を解くが一番だったと感じています。

 練習問題は、実際の試験と同じ4択問題をたくさん繰り返しました。当たり前ですが、単に正解すれば良いのではなく、4択のうち知らない単語があったらメモをして後から調べることが重要です。


暗記方法

 単語の暗記という面では、各プロセスのインプット・アウトプット・ツールと技法をすべて暗記することが重要です。これはPMP試験を受けるにあたっての基礎知識と思って暗記しましょう。

 私の場合は、eラーニングの教材としてインプット・アウトプット・ツールと技法の一覧が付属されてきたので、それを隙間時間に見続けました。

 暗記と並行として、各プロセスの前後関係の理解の試験問題を解くうえでは重要だったと時間しています。


所要勉強時間

 全体期間のイメージとしては①PMBOOKの通読に10時間、②e-ラーニングに40時間、暗記と過去問に150時間くらいかかったと感じています。

 期間としては4カ月であり、短期集中的に勉強しました。

 PMBOOKの申し込みには②の35時間研修が必要なので、②はとっとと終わらせることを推奨します。(参考:PMP申込資格)


スポンサーリンク

2.使用した書籍・eラーニング

 勉強方法をご説明しましたが、私が使用した参考書やe-ラーニングをご紹介します。

(1) eラーニング

 まずeラーニングは、35時間研修の要件を満たすためeプロジェクトを選択しました。

値段は3万2千円とわりと安かったです。基本的にビデオ学習と練習問題です。

ビデオ学習は何度も再生できるのが嬉しかったです。練習問題は4択だけではなく記述式があり、採点がかなり厳しかったです。練習問題はかなり豊富だった印象です。

 他にもeラーニングや通常受講もいろいろありますので比較検討された方が良いと思います。


(2) 参考書

 参考書は、評判の良い「虎の巻」を購入しました。真っ赤な本です。この本は、サマリ化されているので、暗記に最適でした。練習問題も結構充実していました。感覚的には虎の巻の練習問題は、本試験より難しかったです。ただPMBOOKの内容は、あくまでもサマリの記載なのでこれだけで合格は難しいと思います。単語帳代わりという扱いです。


created by Rinker
¥3,520 (2020/10/29 00:16:48時点 楽天市場調べ-詳細)


(3) PMBOOK

 そして最後にPMBOK本体です。紙では高いのですが、Kindleなら8000円程度です。これでも高いのですが、PMBOKがあるなしでは理解が違いますので、必須です。やはり参考書などはサマリなので,暗記はできても理解が難しい印象です。知らない単語はPMBOOKで調べるが重要です。考え方もPMBOOK読んだ方が理解しやすかった印象です。




勉強にかかった費用

  eラーニング、PMBOOK、虎の巻で合計4万5千円くらいしました。受験料金含めると全部10万円くらいです。資格費用としては高額です。

 それでもPM試験としては、IT企業以外でも使える、海外でも使える国際標準を知れることを考えると受けてよかったと考えています

 この記事がお役に立つかわかりませんが、ぜひPMPの一発合格を目指してください。


以上

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

marusuke1216

30代のシステムエンジニア。 インフラ関連の案件中に従事している。 資格は、ネットワークスペシャリスト、PMO等を保有。

-PMP・PMBOOK

Copyright© SEのアソビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.