PMP・PMBOOK

【PMP】プロジェクトマネジャーの役割と必要なスキルについて

こんにちは。今回は、プロジェクトマネジャーの役割とプロジェクトマネジャーに必要なスキルをご説明します。もしプロジェクトマネジャーになるのであれば、どんな役割を求められて、どんなスキルをつける必要があるのか理解しましょう。

プロジェクトマネジャーの役割

プロジェクト・マネジャー は、 プロジェクト の 成功に対して責任を持ち、リーダーシップによりプロジェクトを成功に導く人です。

定常業務のリーダーは、定業業務を効率的かつ正確にこなすことに責任を持ちますが、プロジェクトマネジャーはプロジェクトの成功に責任を持ちます。

プロジェクトマネジャーは、プロジェクトを成功に導くために、プロジェクトメンバーやスポンサーと で 利用 可能 な 資源 と 競合 する 制約 条件 との バランス を 維持 します。

スポンサーの言いなりとなりプロジェクトメンバーに過度な作業をさせたり、コストオバーやスケジュール遅延を発生させいなどです。

このためにプロジェクトマネジャーには卓越したコミュニケーションスキルが求められます。

スポンサーリンク

プロジェクトマネジャーに必要なスキル

プロジェクトマネジャーになるには、様々なスキルが必要です。

主には以下の3つです。

  • 戦略マネジメント/ビジネスマネジメントスキル
  • テクニカルプロジェクトマネジメントスキル
  • リーダーシップスキル

一つずつ解説します。

戦略マネジメント/ビジネスマネジメントスキル

 このスキルは、所属する組織を俯瞰的にみて技術革新や戦略的提携が行えるようサポートするためのスキルです。

 会計・財務のような一般的なビジネススキルの他に所属する組織の業務知識技術知識です。例えばIT業界ならシステム知識、金融業界なら金融の知識です。これら業界の知識がないと専門家とも会話ができませんの必須との知識です。

テクニカルプロジェクトマネジメントスキル

 これはいわゆるプロジェクトマネジメントスキルです。コスト、スケジュール、品質、リスクなどをコントロールするためのスキルです。

 PMBOOKで得られるのはここの知識です。

リーダーシップスキル

一番イメージしやすいのが リーダーシップスキル です。

リーダーシップスキル例

代表的なスキルをご紹介します。 

  • 関係者間のコンフリクト(衝突)を調整可能なこと
  • 明確 な ビジョン を 持っ て いる こと
  • コミュニケーションスキル
    • 適切な手段(メール、電話、対面)を選択すること
    • 適切なタイミングでコミュニケーションとれること
  • 他者を尊重し、他者の功績を認めることができること

リーダーシップのスタイル

リーダーシップといっても一つのやり方だけではなく、マネジャー自身の性格やチーム、プロジェクトの特性により代表的な6つのスタイルがあります。

  • 奔放型(チームに意思決定をまかせる)
  • 業務達成型(褒章の決定にフィードバックや達成事項に重点をおく)
  • サーバント型リーダーシップ(メンバを第1に考え、自分はメンバをさせるスタンスでマネジメントする)
  • 変革型(変革を奨励しながら対応する)
  • カリスマ的(情熱などでメンバを鼓舞しながらマネジメントする。)
  • 相互型(複数タイプのリーダーシップを混合しているタイプ)

このようなスキルを持ちながらプロジェクトマネージャーは、プロジェクトをマネジメントしてゆきます。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

marusuke1216

30代のシステムエンジニア。 インフラ関連の案件中に従事している。 資格は、ネットワークスペシャリスト、PMO等を保有。

-PMP・PMBOOK

Copyright© SEのアソビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.