PMP・PMBOOK

【PMBOOK】プロジェクトコミュニケーションマネジメントとは?目的と概要を理解する。

こんにちは。今回は、プロジェクトコミュニケーションマネジメントのの目的と概要をご説明します。プロジェクトは多数に人数が関わるため、円滑なコミュニケーションや情報の授受を行うためにマネジメントが必要となります。

プロジェクトコミュニケーションマネジメントの目的

プロジェクト資源マネジメントの目的は、以下です。

目的

ステークスホルダーの情報ニーズが、資料の作成や効果的な情報交換を達成するために意図された活動を通して満たされることを確実にするためのプロセス

文章が難しいですが、冒頭に述べたとおり、コミュにーしょんを正確・確実にすることがプロジェクトコミュニケーションマネジメントの目的です。

スポンサーリンク

プロジェクトコミュニケーションマネジメントの作業

 プロジェクトコミュニケーションマネジメントのプロセスは以下の通りです。

コミュニケーションマネジメントの計画計画プロセス群
コミュニケーションのマネジメント実行プロセス群
コミュニケーションの監視監視・コントロールプロセス群

 コミュニケーションとは、意図されたものか否かにかかわらず、情報交換が対象です。情報交換の手段は以下があります。

  • 書面
  • 口頭
  • 正式または略式
  • 身ぶり
  • メディア
  • 言葉の選択

 このような手段を使いながらコミュニケーションを行います。

コミュニケーションマネジメントの計画

コミュニケーシマネジメント計画は、プロジェクトマネジメント計画書の別紙である「コミュニケーションマネジメント計画書」作るためのプロセスです。

コミュニケーションマネジメントは、個々のステークスホルダーなどのニーズ、プロジェクトのニーズに基づいてプロジェクトコミュニケーション活動のための適切な取り組み方法を策定します。

コミュニケーションマネジメントの前提として「プロジェクトにかかわる人的資源の情報」や「ステークホルダーの関与のレベルの情報」が必要なコミュニケーションマネジメントより前に「資源マネジメント計画」と「ステークスホルダーエンゲージメント計画」が完了している必要があります。

コミュニケーションマネジメント計画書には、以下のような事項を記載します。

  • 言語、書式、内容、詳細度などを含む伝達事項
  • エスカレーションプロセス
  • 情報を配布する頻度や時間
  • 情報伝達の責任者
  • 情報伝達の手段(メールや紙かなど)
  • 共通宇用語

コミュニケーションに一般的な必要な事項を決めるようなイメージです。

コミュニケーションのマネジメント

コミュニケーションのマネジメントは、実施に計画したコミュニケーションを行います。ただし、単純に情報を発信するだけではなく、意図された相手に適切に情報が届いてるかも確認します。

コミュニケーションの監視

コミュニケーションの監視では、計画通りにコミュニケーションが行われるか監視・コントロールします。またコミュニケーションの目的出る情報伝達が効率的に正しく行われているかも確認します。

監視した結果として「コミュニケーションマネジメント計画書」を変更する必要がある場合は、統合変更管理の流れにそって変更提案を行うことになります。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

marusuke1216

30代のシステムエンジニア。 インフラ関連の案件中に従事している。 資格は、ネットワークスペシャリスト、PMO等を保有。

-PMP・PMBOOK

Copyright© SEのアソビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.