テレワーク・在宅勤務

【徹底解説】テレワークのベストな服装を考える。

 こんにちは。コロナウイルスが拡散に伴う非常事態宣言により はじめて テレワークや在宅勤務をされている方が多いと思います。初めてのテレワーク・在宅勤務では、服装をどうすべきか悩んでいる方が多いと思います。自宅で仕事をするんだし、極端に言えば寝間着でもよいのか?それともスーツで仕事をすべきか?などです。今回は、そんな方向けに在宅勤務・テレワークにおけるベストな服装を徹底解説したいと思います。

せっかくの自宅だしリラックスした服装で仕事をしたいけどんな服装で仕事すべきか迷っている方にぜひ読んでほしいです。

大前提 会社の規則に従う


大前提ですが、会社の規則で在宅勤務の服装に決まりがあれば、同然ながらそれが最優先されますので、それに従ってください。

規則でスーツであれば、スーツで仕事すべきです。

明示的に規則がない場合は、上司などに相談というのもの手ですが、やぶ蛇になる可能性もあるので、暗黙の了解ということで仕事に支障のない服装で良いと思います。


スポンサーリンク

最低限 WEB会議がなくてもパジャマから着替える



個人的に在宅勤務で必須だと思っていることが、一つあります。

それは、パジャマ・・つまり寝間着から着替えることです。

最初は、WEB会議もなく誰もあわなければ寝間着で仕事しても問題ないのでは?と考えていました。

しかし、実際、仕事をしてみるとリラックスしすぎてしまい仕事の進捗が芳しくないことが判明しました。正直、集中できません。

そのため、寝間着から普段着に着替えることにしました。そうすると頭が仕事モードに変わりやすくなり、生産性が向上しました。

そのことから、最低限、寝間着から着替えることを推奨します。

特に一人ぐらししていると寝間着=部屋着になっている方がいるかと思いますが、そうなっている場合は、外出着に着替えましょう。


WEB会議の服装はビジネスカジュアルにする



WEB会議で会議メンバーに自信の顔が映る場合は、ビジネスカジュアルの服装をお勧めします。

ネクタイまでは不要でも襟付きのシャツが良いと考えています。

服装なんて何でも良いじゃないか思うかもしれませんが、どうしても人は外見で発言の信ぴょう性を判断してしまうことです。

良く知られている法則でメラビアンの法則というものがあります。

これは、コミュニケーションにおいて、言語情報・聴覚情報・視覚情報のどれが一番重要か研究したものです。

結論として重要度は、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合でした。つまり、人は話の内容より目の情報で判断している割合が非常に大きいということでです。

そのため、WEB会議に普段よりカジュアルな服装で参加すると、しっかりした服装で会議にしたよりも意見が通らないなんてことになります。

逆に他の人がカジュアルな服装であれば、少ししっかりした服装で参加するだけで、自分の意見が採用されやすくなります。

そのことからも私は、ビジネスカジュアルでも会議参加を推奨します。


まとめ

記事にしたことは当たり前のことだと思いますが、改めてまとめます。

ポイント1:自社にテレワークの服装に規則がないか確認する。あればそれに従う。

ポイント2:WEB会議がなくても寝間着から着替える

ポイント3:WEB会議は、ビジネスカジュアルで参加する

最初のうちは、どんな服装が良いのか迷うかもしうれませんが、試行錯誤しながら自分にとって一番快適な服装で仕事をすることを目覚ましましょう。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

marusuke1216

30代のシステムエンジニア。 インフラ関連の案件中に従事している。 資格は、ネットワークスペシャリスト、PMO等を保有。

-テレワーク・在宅勤務

Copyright© SEのアソビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.