PMP・PMBOOK

【PMBOOK】プロジェクト憲章とは何か?どうやって作成するの?

 こんにちは。本日は、プロジェクト憲章について解説しようと思います。憲章なんて言われると難しい気がしてしまいますが、そんなに難しいものではありません。簡単に言えばプロジェクト開始時にプロジェクトの目的を共有するための資料なのです。

憲章なんて言うと難しそうだけど実はとても簡単な内容だよ。

今回のポイント

・プロジェクト憲章を作成する目的を利用しよう

・プロジェクト憲章作成のインプットを理解しよう

・プロジェクト憲章に記載の記載の必要な事項を理解しよう

プロジェクト憲章とは?

 プロジェクト憲章は、プロジェクトの存在を組織内に正式に正式に認可するドキュメントです。通常は、プロジェクトのスポンサーが発行し、プロジェクトマネジャーに組織の資源(人やお金)を使用する権限を与えるものです。

 またプロジェクト が 満たす こと を 意図 し て いる プロジェクト、 および プロダクト、 サービス、 または 所産 についての 情報 を記載しています。

 発行されるタイミングは、プロジェクト計画書の作成前で、このプロジェクトを開始しようという一番最初にタイミングとなります。

 そして、プロジェクト計画書の重要なインプットにもなります。

プロジェクト憲章は、プロジェクト開発時点で作成するドキュメントなんだ!!

スポンサーリンク

プロジェクト憲章作成のインプット

一般に以下のようなものをインプットにプロジェクト憲章は作成されます。

ビジネス文書

ビジネス文書は、ビジネスケースとベネフィットマネジメント計画書の2つのドキュメントのことを指します。

ビジネスケース

ビジネス・ケース は、 プロジェクト に 期待 さ れる 成果 が 要求 さ れる 投資 を 正当 化 する か どう かを 決める ため に、 ビジネス 上 の 観点 から 必要 な 情報 を 記述 し た もの です。

基本的にはプロジェクトの立ち上げ目標や理由などを記載しているドキュメントです。

ベネフィットマネジメント計画書

ベネフィットマネジメント計画書は、プロジェクトを行うことで得られる収益計画のドキュメントです。どのくらいの期間でどうやってどんな収益を得るのか記載するドキュメントとなります。

合意書

合意書は、プロジェクトに関連する企業・組織間の合意書です。例えば覚書や機密保持契約などがあります。

組織の環境要因

このプロセスの組織の環境要因は、プロジェクトを開始前における市場の状況や法規制や業界標準などがあります。

組織のプロセス

このプロセスの組織のプロセス資産は、監視報告の標準や組織の標準の方針、プロセスなどです。プロジェクト開始前なのでバクっとした感じの

プロジェクト憲章の記載事項

プロジェクト憲章は以下のような事項を記載するドキュメントです。

  • プロジェクト 目的
  • 測定 可能 な プロジェクト 目標
  • 成功 基準 の 要求 事項
  • 承認された財源(予算)
  • ステークスホルダー
  • プロジェクト要求事項
  • プロジェクト終了条件
  • プロジェクトマネジャー名
  • プロジェクトマネジャーの責任と権限

 あくまでもプロジェクト計画書を作成する前なのでプロジェクト憲章は、スポンサーから「こういうプロジェクトでこのくらいの予算で君の権限はこれだよ」って伝えてもらうための資料だと思ってください。

 プロジェクト憲章で重要なのでは、プロジェクト計画書作成前に予算や目的を纏めるのは当たり前にしてもプロジェクトマネジャーの責任と権限を定義することは重要です。

 プロジェクト憲章作成後にプロジェクト計画書を作成しますが、その最中にプロジェクトマネジャーの権限が不明確だとメンバが従ってくれないですし、指示したり決定が難しくなります。そのため、プロジェクトを始めようとおもった段階でプロジェクトマネジャーの権限と責任は定義しましょう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

marusuke1216

30代のシステムエンジニア。 インフラ関連の案件中に従事している。 資格は、ネットワークスペシャリスト、PMO等を保有。

-PMP・PMBOOK

Copyright© SEのアソビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.