ブロックチェーン

【仮想通貨】MetaMaskの導入方法

 こんにちは。本日は仮想通貨 Etherのウォレットの一つであるMetaMaskの導入方法をご紹介します。MetaMaskは初心者でもとっつきやすいウォレットでchromeのプラグインとして導入します。

  MetaMaskでは開発用ネットワークにも簡単にも入れ、Ethereumの開発体験も可能なのでお勧めのウォレットです。

1.chromeへ追加する

 googleなどでMetaMaskを検索して、chromeウェブストアの MetaMask を表示します。そして右側の追加ボタンをクリックします。

スポンサーリンク

2. MetaMaskをはじめる

 インストール完了すると以下の画面が出力するので「Get start」をクリックします。

その後、次の画面が出力します。まだシードをもっていないので「create a wallet 」を選択します。

さらに注意書きがでてくるので「I agrer」を選択します。

3.シードを保存する

 続いての画面でシードが表示されるのでメモしましょう。このシードは絶対に流出・紛失してはいけない情報です。銀行の暗唱番号みたいなものです。画像ではけしてますが、白枠のなかに出力します。

 メモしたら次へ出力します。シードを再入力する画面が出力したら入力します。

4.ウォレットの作成完了

 ウォレットの作成が完了です!!最初はデフォルトのためAccount1ですが、変更可能です。またウォレット(財布)を作ったばかりなので保有ethはもちろん0です。

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

marusuke1216

30代のシステムエンジニア。 インフラ関連の案件中に従事している。 資格は、ネットワークスペシャリスト、PMO等を保有。

-ブロックチェーン

Copyright© SEのアソビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.